ソルトルアー を買うならWILD-1 並び順:商品名順

ソルトルアー

86件の商品があります
 【ジョインター別注カラー】 ジャンプライズ ぶっ飛び君 95S「スーパーブラッディファイヤー」
販売価格: ¥2,090 (税抜 ¥1,900)
在庫: 残りわずか
ジャンプライズ ぶっとび君95S
ジョインターヒラメ別注カラー5色。


ヒラメゲームで人気のジャンプライズ社「ぶっとび君95S」でジョインター別注ヒラメカラーを作成いたしました。

●ハマグリライム
JOINTERスタッフ「濱田」考案のスペシャルカラー
フラットフィッシュゲームの聖地「仙南サーフ」をはじめとした、大河川の川水が効いているフィールドでのヒラメ・マゴチ釣りで、人気、実績ともナンバーワンの「グリーンゴールド」系カラーに、シーバスやサクラマスでも近年人気の「ライムチャートベリー」でアピール力をプラス。
あらゆる方向に乱反射しアピールする、「クラッシュホロ」は活イワシ餌の剥がれ落ちるウロコのキラメキが広範囲の魚にアピールする現象を再現。
視覚的なアピール要素で集魚力を高めたカラーです。

●ファイヤーピンク
ヒラメルアーの定番、ゴールドとピンクをふんだんに使ったカラー。
ヒラメ釣りのゴールデンタイム、朝マズメ、夕マズメの光量が少ない時間帯でも目立つ、蛍光色のピンクをベリーからテールに掛けて施しました。
底から突き上げて捕食するヒラメにしっかりアピールします。
更に、ゴールドとピンクの水中でのわずかな反射の違いがヒラメにルアーを発見させ易くします。

●オレオレキャンディー
最近、茨城のサーフヒラメゲームで人気のオレンジカラーにキャンディーパターンを施し、よりアピール力を強くしました。
もちろん全国どこのエリアでも威力を発揮してくれます。

●スーパーブラッディファイヤー
時間帯、天候関係なく、アピールの強いブラッディレッドとナチュラルなシルバーで魚のバイトを誘発。
明滅効果でリアクションバイトも取れるハイブリッドカラーです。
ヘッド〜ボディ、ベリーにクリアのブラッディレッド、サイドはマグマホロシルバーを施しています。
ゴールド系などとは違ったアピール力を発揮します。

●フラッシュクロームグリーン
特にデイゲームでの使用を意識した日中スペシャルカラー。
澄み潮の日中ピーカン状態では、単色シルバーのメッキカラーや
グリーン系をチョイスするといい結果が得られるのが最近の流れです
が、このカラーはそんな渋い状況の日中を打ち破るべく、その2つの要素を掛け合わせ生まれたクロームグリーンのハイブリットカラーです!
また、オレンジベリーの配色により、やや濁りのエリアも攻略可能。
他にはあまりない、唯一無二のカラーとなっています。
他の別注にはない特性をもったカラーとなりますので、是非ヒラメハント
の一軍に加えて頂けたらと思います。
*【ジョインター別注カラー】 ジャンプライズ かっ飛び棒 130BR「オレオレキャンディー」
ジョインター別注カラー
販売価格: ¥2,310 (税抜 ¥2,100)
在庫: 在庫切れ
ジャンプライズ かっ飛び棒130BR
ジョインター 別注カラー5色


ジョインター別注カラー「ぶっ飛び君95S」に続き、
フラットフィッシュゲームで人気のジャンプライズ社「かっ飛び棒130BR」でジョインター別注ヒラメカラーを作成いたしました。

●オレオレキャンディー
最近、茨城のサーフヒラメゲームで人気のオレンジカラーにキャンディーパターンを施し、よりアピール力を強くしました。
もちろん全国どこのエリアでも威力を発揮してくれます。

●ラメラメピンキンブラッデイー
ヒラメサーフゲーム定番のメッキピンクゴールドのテールにバイトポイントになるレッドとグローベリーを配色。
よりフッキングが深くきまります。
テールにはグローを使用。

●ワイルドゴールドイワシ
定番ゴールドチャートにイワシドット、オレンジベリーを追加。
濁りが出やすい状況で抜群の実績。
テールにはグローを使用。

●ピンクテール
あらゆるベイトフィッシュになるナチュラル系代表のクロギンにより水中での乱反射が強いレンズホロを採用。
テールのクリアピンクは光を透過させバイトマーカーとしての役割を担ってます。

●フラッシュクロームグリーン
特にデイゲームでの使用を意識した日中スペシャルカラー。
澄み潮の日中ピーカン状態では、単色シルバーのメッキカラーや
グリーン系をチョイスするといい結果が得られるのが最近の流れです
が、このカラーはそんな渋い状況の日中を打ち破るべく、その2つの要素を掛け合わせ生まれたクロームグリーンのハイブリットカラーです!
また、オレンジベリーの配色により、やや濁りのエリアも攻略可能。
他にはあまりない、唯一無二のカラーとなっています。
他の別注にはない特性をもったカラーとなりますので、是非ヒラメハント
の一軍に加えて頂けたらと思います。


 
*【ジョインター別注カラー】 ジャンプライズ 飛びキング 105HS 「オレオレキャンディー」
ジョインター別注カラー
販売価格: ¥2,090 (税抜 ¥1,900)
在庫: 在庫切れ
ジャンプライズ 飛びキング105HS
ジョインター 別注カラー5色


メタルジグを越えた夢のプラグ。
ハイピッチミノーアクションをしながらも、メタルジグと同じ沈下、同じレンジを引く事が可能な
まさにハイブリッドプラグ。
サーフのフラットフィッシュから、ロックショアまで幅広い汎用性を兼ね備えたルアーです。

●オレオレキャンディー
最近、茨城のサーフヒラメゲームで人気のオレンジカラーにキャンディーパターンを施し、よりアピール力を強くしました。
もちろん全国どこのエリアでも威力を発揮してくれます。

●ラメラメピンキンブラッデイー
ヒラメサーフゲーム定番のメッキピンクゴールドのテールにバイトポイントになるレッドとグローベリーを配色。
よりフッキングが深くきまります。
テールにはグローを使用。

●ワイルドゴールドイワシ
定番ゴールドチャートにイワシドット、オレンジベリーを追加。
濁りが出やすい状況で抜群の実績。
テールにはグローを使用。

●ピンクテール
あらゆるベイトフィッシュになるナチュラル系代表のクロギンにより水中での乱反射が強いレンズホロを採用。
テールのクリアピンクは光を透過させバイトマーカーとしての役割を担ってます。

●フラッシュクロームグリーン
特にデイゲームでの使用を意識した日中スペシャルカラー。
澄み潮の日中ピーカン状態では、単色シルバーのメッキカラーや
グリーン系をチョイスするといい結果が得られるのが最近の流れです
が、このカラーはそんな渋い状況の日中を打ち破るべく、その2つの要素を掛け合わせ生まれたクロームグリーンのハイブリットカラーです!
また、オレンジベリーの配色により、やや濁りのエリアも攻略可能。
他にはあまりない、唯一無二のカラーとなっています。
他の別注にはない特性をもったカラーとなりますので、是非ヒラメハント
の一軍に加えて頂けたらと思います。


 
【WILD-1別注カラー】ima HONEY TRAP95S  ハニートラップ95S カラー:インパクトチャート
WILD-1別注カラー 磯場でも河川でも万能なシーバス最強ルアーで作りました。
販売価格: ¥2,145 (税抜 ¥1,950)
在庫: 在庫あり
WILD-1スタッフが特に千葉の利根川や外房内房の各流入河川、茨城の那珂川・涸沼川などでランカーシーバスを数多く仕留めてきた実績大のシンキングペンシル。
今回はHONEYTRAPカルトラ95Sに続き、磯でも抜群の使いやすさのHONEYTRAP95SにWILD-1別注カラーを施しました。




ima HONEYTRAP95S
●ショートピッチスラロームアクション。
アピール力はシンペンの中でも結構高い方なので流れが強い時や濁り、荒れた天候でも使いやすいシンペンです。
●シンペンと言えば、基本スリムなルアーが多い中、サッパやコノシロ・・・大きめのボラなどがベイトの時は体高があるため、効果を発揮いたします。
●磯でもメタルジグ並みの飛距離広範囲をサーチでき、強風の中でもしっかりと飛距離を出す事ができます。


【WILD-1別注カラー解説】

●インパクトチャート
基本マディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化で、はっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。

●ライムゴールドパワーイナ
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)
を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを
吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、
アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

●ワイルドクリア
近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。
【WILD-1別注カラー】ima HONEY TRAP95S  ハニートラップ95S カラー:ライムゴールドパワーイナ
WILD-1別注カラー 磯場でも河川でも万能なシーバス最強ルアーで作りました。
販売価格: ¥2,145 (税抜 ¥1,950)
在庫: 残りわずか
WILD-1スタッフが特に千葉の利根川や外房内房の各流入河川、茨城の那珂川・涸沼川などでランカーシーバスを数多く仕留めてきた実績大のシンキングペンシル。
今回はHONEYTRAPカルトラ95Sに続き、磯でも抜群の使いやすさのHONEYTRAP95SにWILD-1別注カラーを施しました。



ima HONEYTRAP95S
●ショートピッチスラロームアクション。
アピール力はシンペンの中でも結構高い方なので流れが強い時や濁り、荒れた天候でも使いやすいシンペンです。
●シンペンと言えば、基本スリムなルアーが多い中、サッパやコノシロ・・・大きめのボラなどがベイトの時は体高あることで、効果を発揮いたします。
●磯でもメタルジグ並みの飛距離広範囲をサーチでき、強風の中でもしっかりと飛距離を出す事ができます。


【WILD-1別注カラー解説】

●インパクトチャート
基本マディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化で、はっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。

●ライムゴールドパワーイナ
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)
を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを
吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、
アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

●ワイルドクリア
近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。
【WILD-1別注カラー】ima HONEY TRAP95S  ハニートラップ95S カラー:ワイルドクリア
WILD-1別注カラー 磯場でも河川でも万能なシーバス最強ルアーで作りました。
販売価格: ¥2,090 (税抜 ¥1,900)
在庫: 在庫あり
WILD-1スタッフが特に千葉の利根川や外房内房の各流入河川、茨城の那珂川・涸沼川などでランカーシーバスを数多く仕留めてきた実績大のシンキングペンシル。
今回はHONEYTRAPカルトラ95Sに続き、磯でも抜群の使いやすさのHONEYTRAP95SにWILD-1別注カラーを施しました。




ima HONEYTRAP95S
●ショートピッチスラロームアクション。
アピール力はシンペンの中でも結構高い方なので流れが強い時や濁り、荒れた天候でも使いやすいシンペンです。
●シンペンと言えば、基本スリムなルアーが多い中、サッパやコノシロ・・・大きめのボラなどがベイトの時は体高があるため、効果を発揮いたします。
●磯でもメタルジグ並みの飛距離広範囲をサーチでき、強風の中でもしっかりと飛距離を出す事ができます。


【WILD-1別注カラー解説】

●インパクトチャート
基本マディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化で、はっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。

●ライムゴールドパワーイナ
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)
を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを
吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、
アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

●ワイルドクリア
近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。
【WILD-1別注カラー】ima Kosuke コスケ 110F カラー:インパクトチャート
爆釣!WILD-1別注カラー 最強シャローランナー「コスケ110F」
販売価格: ¥2,145 (税抜 ¥1,950)
在庫: 残りわずか
ima 最強シャローランナー「Kosuke110F」でWILD-1別注カラー作成しました。
日本中のシャローエリアで爆釣間違いなし!のスペシャルカラーです!
2018年NEW WILD-1別注カラー「ライムゴールドパワーイナ」登場です!


カルトラ同様、コスケ110FはWILD-1スタッフの要望も多く、別注カラーを作成。
涸沼で生まれ、シャローマディーウォーターエリアで抜群の効果を発揮するカラーですので、是非お試しください。

【Kosuke110F】
■わずかな流速変化も感じ取るフットボール型オリジナルリップ
■サイズ以上の飛距離を叩き出す、類稀なる遠投性能
■コモモとサスケの中間を埋めるレンジ&アクション

これまで数えきれない実績を重ね、多くのアングラーに愛されているimaの代表作 komomo と sasuke。
この2つの中間のようなルアーがあったら…
kosukeはそんな多くの声に応えて開発されました。

komomo・sasukeに見られる、ローリングの軽すぎる引き抵抗、ウォブリングの強い流れへの対応力やスレやすさ。
それらのデメリットを解決するのがフットボール型のリップ。
デッドスロー〜ミディアムスピードではローリングアクション、ハイスピードでは水面を割ることなく
ウォブンロールで泳ぐ可変アクションに。
リトリーブスピードに変化をつけることで、アングラーの意のままに操れる新しい基軸のミノーである。

【WILD-1別注カラー解説】
●インパクトチャート
基本マディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化で、はっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。

ワイルドクリア
近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。

〜2018年 NEWカラー〜
●ライムゴールドパワーイナ

フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)
を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを
吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、
アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。
【WILD-1別注カラー】ima Kosuke コスケ 110F カラー:ライムゴールドパワーイナ
爆釣!WILD-1別注カラー 最強シャローランナー「コスケ110F」
販売価格: ¥2,145 (税抜 ¥1,950)
在庫: 在庫切れ
ima 最強シャローランナー「Kosuke110F」でWILD-1別注カラー作成しました。
日本中のシャローエリアで爆釣間違いなし!のスペシャルカラーです!
「ライムゴールドパワーイナ」


カルトラ同様、コスケ110FはWILD-1スタッフの要望も多く、別注カラーを作成。
涸沼で生まれ、シャローマディーウォーターエリアで抜群の効果を発揮するカラーですので、是非お試しください。

【Kosuke110F】
■わずかな流速変化も感じ取るフットボール型オリジナルリップ
■サイズ以上の飛距離を叩き出す、類稀なる遠投性能
■コモモとサスケの中間を埋めるレンジ&アクション

これまで数えきれない実績を重ね、多くのアングラーに愛されているimaの代表作 komomo と sasuke。
この2つの中間のようなルアーがあったら…
kosukeはそんな多くの声に応えて開発されました。

komomo・sasukeに見られる、ローリングの軽すぎる引き抵抗、ウォブリングの強い流れへの対応力やスレやすさ。
それらのデメリットを解決するのがフットボール型のリップ。
デッドスロー〜ミディアムスピードではローリングアクション、ハイスピードでは水面を割ることなく
ウォブンロールで泳ぐ可変アクションに。
リトリーブスピードに変化をつけることで、アングラーの意のままに操れる新しい基軸のミノーである。


【WILD-1別注カラー解説】
●インパクトチャート
基本マディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化で、はっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。

ワイルドクリア
近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。

●ライムゴールドパワーイナ

フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)
を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを
吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、
アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。
  
【WILD-1別注カラー】ima Kosuke コスケ 110F カラー:ワイルドクリア
爆釣!WILD-1別注カラー 最強シャローランナー「コスケ110F」
販売価格: ¥2,035 (税抜 ¥1,850)
在庫: 在庫切れ

ima 最強シャローランナー「Kosuke110F」でWILD-1別注カラー作成しました。
日本中のシャローエリアで爆釣間違いなし!のスペシャルカラーです!
2018年NEW WILD-1別注カラー「ライムゴールドパワーイナ」登場です!


カルトラ同様、コスケ110FはWILD-1スタッフの要望も多く、別注カラーを作成。
涸沼で生まれ、シャローマディーウォーターエリアで抜群の効果を発揮するカラーですので、是非お試しください。

【Kosuke110F】
■わずかな流速変化も感じ取るフットボール型オリジナルリップ
■サイズ以上の飛距離を叩き出す、類稀なる遠投性能
■コモモとサスケの中間を埋めるレンジ&アクション

これまで数えきれない実績を重ね、多くのアングラーに愛されているimaの代表作 komomo と sasuke。
この2つの中間のようなルアーがあったら…
kosukeはそんな多くの声に応えて開発されました。

komomo・sasukeに見られる、ローリングの軽すぎる引き抵抗、ウォブリングの強い流れへの対応力やスレやすさ。
それらのデメリットを解決するのがフットボール型のリップ。
デッドスロー〜ミディアムスピードではローリングアクション、ハイスピードでは水面を割ることなく
ウォブンロールで泳ぐ可変アクションに。
リトリーブスピードに変化をつけることで、アングラーの意のままに操れる新しい基軸のミノーである。

【WILD-1別注カラー解説】
●インパクトチャート
基本マディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化で、はっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。

ワイルドクリア
近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。

〜2018年 NEWカラー〜
●ライムゴールドパワーイナ

フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)
を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを
吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、
アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

【WILD-1別注カラー】ima Kosuke コスケ 85F カラー:インパクトチャート
爆釣!WILD-1別注カラー
販売価格: ¥1,925 (税抜 ¥1,750)
在庫: 在庫切れ

ima 最強シャローランナーのダウンサイジングモデル「Kosuke85F」でWILD-1別注カラー作成しました。
ハイプレッシャーな場所や小規模河川、または干潟や河口、場所を選ばない万能小型プラグ。
日本中のシャローエリアで爆釣間違いなし!のスペシャルカラー3色です!




【Kosuke85F】

小型プラグに分がある昨今のシーバスフィッシング。kosuke 85Fは110Fの基本性能を継承しながらも小型プラグのあらゆる欠点を排除した。
110Fにも負けずとも劣らない飛距離性能 を持ち、本来小型プラグの出番ではないオープンエリアや外洋での使用が可能。
そして85mmのボディには一見不釣り合いな 大型#4フック。ランカーが潜むフィールドや強引なファイトが必要な状況で
臆することなく戦うことができる。港湾部や河川で年中使えるサイズと高い基本性能。
小型だがサイズ以上の性能を発揮する“小が大を兼ねてしまう”ルアー
それがkosuke 85Fだ。
 


【WILD-1別注カラー解説】
●インパクトチャート
基本マディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化で、はっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。

ワイルドクリア
近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。

〜2018年 NEWカラー〜
●ライムゴールドパワーイナ

フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)
を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを
吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、
アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。



 

【WILD-1別注カラー】ima Kosuke コスケ 85F カラー:ライムゴールドパワーイナ
爆釣!WILD-1別注カラー
販売価格: ¥1,925 (税抜 ¥1,750)
在庫: 在庫切れ

ima 最強シャローランナーのダウンサイジングモデル「Kosuke85F」でWILD-1別注カラー作成しました。
ハイプレッシャーな場所や小規模河川、または干潟や河口、場所を選ばない万能小型プラグ。
日本中のシャローエリアで爆釣間違いなし!のスペシャルカラー3色です!




【Kosuke85F】

小型プラグに分がある昨今のシーバスフィッシング。kosuke 85Fは110Fの基本性能を継承しながらも小型プラグのあらゆる欠点を排除した。
110Fにも負けずとも劣らない飛距離性能 を持ち、本来小型プラグの出番ではないオープンエリアや外洋での使用が可能。
そして85mmのボディには一見不釣り合いな 大型#4フック。ランカーが潜むフィールドや強引なファイトが必要な状況で
臆することなく戦うことができる。港湾部や河川で年中使えるサイズと高い基本性能。
小型だがサイズ以上の性能を発揮する“小が大を兼ねてしまう”ルアー
それがkosuke 85Fだ。
 


【WILD-1別注カラー解説】
●インパクトチャート
基本マディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化で、はっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。

ワイルドクリア
近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。

〜2018年 NEWカラー〜
●ライムゴールドパワーイナ

フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)
を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを
吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、
アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

【WILD-1別注カラー】ima Kosuke コスケ 85F カラー:ワイルドクリア
爆釣!WILD-1別注カラー
販売価格: ¥1,815 (税抜 ¥1,650)
在庫: 在庫切れ

ima 最強シャローランナーのダウンサイジングモデル「Kosuke85F」でWILD-1別注カラー作成しました。
ハイプレッシャーな場所や小規模河川、または干潟や河口、場所を選ばない万能小型プラグ。
日本中のシャローエリアで爆釣間違いなし!のスペシャルカラー3色です!




【Kosuke85F】

小型プラグに分がある昨今のシーバスフィッシング。kosuke 85Fは110Fの基本性能を継承しながらも小型プラグのあらゆる欠点を排除した。
110Fにも負けずとも劣らない飛距離性能 を持ち、本来小型プラグの出番ではないオープンエリアや外洋での使用が可能。
そして85mmのボディには一見不釣り合いな 大型#4フック。ランカーが潜むフィールドや強引なファイトが必要な状況で
臆することなく戦うことができる。港湾部や河川で年中使えるサイズと高い基本性能。
小型だがサイズ以上の性能を発揮する“小が大を兼ねてしまう”ルアー
それがkosuke 85Fだ。
 


【WILD-1別注カラー解説】
●インパクトチャート
基本マディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化で、はっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。

ワイルドクリア
近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。

〜2018年 NEWカラー〜
●ライムゴールドパワーイナ

フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)
を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを
吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、
アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

【ジョインター別注カラー】 ジャンプライズ かっ飛び棒 130BR「ラメラメピンキンブラッディー」
ジョインター別注カラー
販売価格: ¥2,310 (税抜 ¥2,100)
在庫: 在庫あり
ジャンプライズ かっ飛び棒130BR
ジョインター 別注カラー5色


ジョインター別注カラー「ぶっ飛び君95S」に続き、
フラットフィッシュゲームで人気のジャンプライズ社「かっ飛び棒130BR」でジョインター別注ヒラメカラーを作成いたしました。

●オレオレキャンディー
最近、茨城のサーフヒラメゲームで人気のオレンジカラーにキャンディーパターンを施し、よりアピール力を強くしました。
もちろん全国どこのエリアでも威力を発揮してくれます。

●ラメラメピンキンブラッデイー
ヒラメサーフゲーム定番のメッキピンクゴールドのテールにバイトポイントになるレッドとグローベリーを配色。
よりフッキングが深くきまります。
テールにはグローを使用。

●ワイルドゴールドイワシ
定番ゴールドチャートにイワシドット、オレンジベリーを追加。
濁りが出やすい状況で抜群の実績。
テールにはグローを使用。

●ピンクテール
あらゆるベイトフィッシュになるナチュラル系代表のクロギンにより水中での乱反射が強いレンズホロを採用。
テールのクリアピンクは光を透過させバイトマーカーとしての役割を担ってます。

●フラッシュクロームグリーン
特にデイゲームでの使用を意識した日中スペシャルカラー。
澄み潮の日中ピーカン状態では、単色シルバーのメッキカラーや
グリーン系をチョイスするといい結果が得られるのが最近の流れです
が、このカラーはそんな渋い状況の日中を打ち破るべく、その2つの要素を掛け合わせ生まれたクロームグリーンのハイブリットカラーです!
また、オレンジベリーの配色により、やや濁りのエリアも攻略可能。
他にはあまりない、唯一無二のカラーとなっています。
他の別注にはない特性をもったカラーとなりますので、是非ヒラメハント
の一軍に加えて頂けたらと思います。


 
【ジョインター別注カラー】 ジャンプライズ ぶっ飛び君 95S「オレオレキャンデイー」
販売価格: ¥2,090 (税抜 ¥1,900)
在庫: 在庫あり
ジャンプライズ ぶっとび君95S
ジョインターヒラメ別注カラー5色。


ヒラメゲームで人気のジャンプライズ社「ぶっとび君95S」でジョインター別注ヒラメカラーを作成いたしました。

●ハマグリライム
JOINTERスタッフ「濱田」考案のスペシャルカラー
フラットフィッシュゲームの聖地「仙南サーフ」をはじめとした、大河川の川水が効いているフィールドでのヒラメ・マゴチ釣りで、人気、実績ともナンバーワンの「グリーンゴールド」系カラーに、シーバスやサクラマスでも近年人気の「ライムチャートベリー」でアピール力をプラス。
あらゆる方向に乱反射しアピールする、「クラッシュホロ」は活イワシ餌の剥がれ落ちるウロコのキラメキが広範囲の魚にアピールする現象を再現。
視覚的なアピール要素で集魚力を高めたカラーです。

●ファイヤーピンク
ヒラメルアーの定番、ゴールドとピンクをふんだんに使ったカラー。
ヒラメ釣りのゴールデンタイム、朝マズメ、夕マズメの光量が少ない時間帯でも目立つ、蛍光色のピンクをベリーからテールに掛けて施しました。
底から突き上げて捕食するヒラメにしっかりアピールします。
更に、ゴールドとピンクの水中でのわずかな反射の違いがヒラメにルアーを発見させ易くします。

●オレオレキャンディー
最近、茨城のサーフヒラメゲームで人気のオレンジカラーにキャンディーパターンを施し、よりアピール力を強くしました。
もちろん全国どこのエリアでも威力を発揮してくれます。

●スーパーブラッディファイヤー
時間帯、天候関係なく、アピールの強いブラッディレッドとナチュラルなシルバーで魚のバイトを誘発。
明滅効果でリアクションバイトも取れるハイブリッドカラーです。
ヘッド〜ボディ、ベリーにクリアのブラッディレッド、サイドはマグマホロシルバーを施しています。
ゴールド系などとは違ったアピール力を発揮します。

●フラッシュクロームグリーン
特にデイゲームでの使用を意識した日中スペシャルカラー。
澄み潮の日中ピーカン状態では、単色シルバーのメッキカラーや
グリーン系をチョイスするといい結果が得られるのが最近の流れです
が、このカラーはそんな渋い状況の日中を打ち破るべく、その2つの要素を掛け合わせ生まれたクロームグリーンのハイブリットカラーです!
また、オレンジベリーの配色により、やや濁りのエリアも攻略可能。
他にはあまりない、唯一無二のカラーとなっています。
他の別注にはない特性をもったカラーとなりますので、是非ヒラメハント
の一軍に加えて頂けたらと思います。
【ジョインター別注カラー】 ジャンプライズ ぶっ飛び君 95S「ハマグリライム」
販売価格: ¥2,090 (税抜 ¥1,900)
在庫: 残りわずか
ジャンプライズ ぶっとび君95S
ジョインターヒラメ別注カラー5色。


ヒラメゲームで人気のジャンプライズ社「ぶっとび君95S」でジョインター別注ヒラメカラーを作成いたしました。

●ハマグリライム
JOINTERスタッフ「濱田」考案のスペシャルカラー
フラットフィッシュゲームの聖地「仙南サーフ」をはじめとした、大河川の川水が効いているフィールドでのヒラメ・マゴチ釣りで、人気、実績ともナンバーワンの「グリーンゴールド」系カラーに、シーバスやサクラマスでも近年人気の「ライムチャートベリー」でアピール力をプラス。
あらゆる方向に乱反射しアピールする、「クラッシュホロ」は活イワシ餌の剥がれ落ちるウロコのキラメキが広範囲の魚にアピールする現象を再現。
視覚的なアピール要素で集魚力を高めたカラーです。

●ファイヤーピンク
ヒラメルアーの定番、ゴールドとピンクをふんだんに使ったカラー。
ヒラメ釣りのゴールデンタイム、朝マズメ、夕マズメの光量が少ない時間帯でも目立つ、蛍光色のピンクをベリーからテールに掛けて施しました。
底から突き上げて捕食するヒラメにしっかりアピールします。
更に、ゴールドとピンクの水中でのわずかな反射の違いがヒラメにルアーを発見させ易くします。

●オレオレキャンディー
最近、茨城のサーフヒラメゲームで人気のオレンジカラーにキャンディーパターンを施し、よりアピール力を強くしました。
もちろん全国どこのエリアでも威力を発揮してくれます。

●スーパーブラッディファイヤー
時間帯、天候関係なく、アピールの強いブラッディレッドとナチュラルなシルバーで魚のバイトを誘発。
明滅効果でリアクションバイトも取れるハイブリッドカラーです。
ヘッド〜ボディ、ベリーにクリアのブラッディレッド、サイドはマグマホロシルバーを施しています。
ゴールド系などとは違ったアピール力を発揮します。

●フラッシュクロームグリーン
特にデイゲームでの使用を意識した日中スペシャルカラー。
澄み潮の日中ピーカン状態では、単色シルバーのメッキカラーや
グリーン系をチョイスするといい結果が得られるのが最近の流れですが、
このカラーはそんな渋い状況の日中を打ち破るべく、その2つの要素を掛け合わせ生まれたクロームグリーンのハイブリットカラーです!
また、オレンジベリーの配色により、やや濁りのエリアも攻略可能。
他にはあまりない、唯一無二のカラーとなっています。
他の別注にはない特性をもったカラーとなりますので、是非ヒラメハント
の一軍に加えて頂けたらと思います。
【ジョインター別注カラー】 ジャンプライズ ぶっ飛び君 95S「ファイヤーピンク」
販売価格: ¥2,090 (税抜 ¥1,900)
在庫: 在庫あり
ジャンプライズ ぶっとび君95S
ジョインターヒラメ別注カラー5色。


ヒラメゲームで人気のジャンプライズ社「ぶっとび君95S」でジョインター別注ヒラメカラーを作成いたしました。

●ハマグリライム
JOINTERスタッフ「濱田」考案のスペシャルカラー
フラットフィッシュゲームの聖地「仙南サーフ」をはじめとした、大河川の川水が効いているフィールドでのヒラメ・マゴチ釣りで、人気、実績ともナンバーワンの「グリーンゴールド」系カラーに、シーバスやサクラマスでも近年人気の「ライムチャートベリー」でアピール力をプラス。
あらゆる方向に乱反射しアピールする、「クラッシュホロ」は活イワシ餌の剥がれ落ちるウロコのキラメキが広範囲の魚にアピールする現象を再現。
視覚的なアピール要素で集魚力を高めたカラーです。

●ファイヤーピンク
ヒラメルアーの定番、ゴールドとピンクをふんだんに使ったカラー。
ヒラメ釣りのゴールデンタイム、朝マズメ、夕マズメの光量が少ない時間帯でも目立つ、蛍光色のピンクをベリーからテールに掛けて施しました。
底から突き上げて捕食するヒラメにしっかりアピールします。
更に、ゴールドとピンクの水中でのわずかな反射の違いがヒラメにルアーを発見させ易くします。

●オレオレキャンディー
最近、茨城のサーフヒラメゲームで人気のオレンジカラーにキャンディーパターンを施し、よりアピール力を強くしました。
もちろん全国どこのエリアでも威力を発揮してくれます。

●スーパーブラッディファイヤー
時間帯、天候関係なく、アピールの強いブラッディレッドとナチュラルなシルバーで魚のバイトを誘発。
明滅効果でリアクションバイトも取れるハイブリッドカラーです。
ヘッド〜ボディ、ベリーにクリアのブラッディレッド、サイドはマグマホロシルバーを施しています。
ゴールド系などとは違ったアピール力を発揮します。

●フラッシュクロームグリーン
特にデイゲームでの使用を意識した日中スペシャルカラー。
澄み潮の日中ピーカン状態では、単色シルバーのメッキカラーや
グリーン系をチョイスするといい結果が得られるのが最近の流れです
が、このカラーはそんな渋い状況の日中を打ち破るべく、その2つの要素を掛け合わせ生まれたクロームグリーンのハイブリットカラーです!
また、オレンジベリーの配色により、やや濁りのエリアも攻略可能。
他にはあまりない、唯一無二のカラーとなっています。
他の別注にはない特性をもったカラーとなりますので、是非ヒラメハント
の一軍に加えて頂けたらと思います。
【ジョインター別注カラー】 ジャンプライズ ぶっ飛び君 95S「フラッシュクロームグリーン」
販売価格: ¥2,090 (税抜 ¥1,900)
在庫: 在庫あり
ジャンプライズ ぶっとび君95S
ジョインターヒラメ別注カラー5色。


ヒラメゲームで人気のジャンプライズ社「ぶっとび君95S」でジョインター別注ヒラメカラーを作成いたしました。

●ハマグリライム
JOINTERスタッフ「濱田」考案のスペシャルカラー
フラットフィッシュゲームの聖地「仙南サーフ」をはじめとした、大河川の川水が効いているフィールドでのヒラメ・マゴチ釣りで、人気、実績ともナンバーワンの「グリーンゴールド」系カラーに、シーバスやサクラマスでも近年人気の「ライムチャートベリー」でアピール力をプラス。
あらゆる方向に乱反射しアピールする、「クラッシュホロ」は活イワシ餌の剥がれ落ちるウロコのキラメキが広範囲の魚にアピールする現象を再現。
視覚的なアピール要素で集魚力を高めたカラーです。

●ファイヤーピンク
ヒラメルアーの定番、ゴールドとピンクをふんだんに使ったカラー。
ヒラメ釣りのゴールデンタイム、朝マズメ、夕マズメの光量が少ない時間帯でも目立つ、蛍光色のピンクをベリーからテールに掛けて施しました。
底から突き上げて捕食するヒラメにしっかりアピールします。
更に、ゴールドとピンクの水中でのわずかな反射の違いがヒラメにルアーを発見させ易くします。

●オレオレキャンディー
最近、茨城のサーフヒラメゲームで人気のオレンジカラーにキャンディーパターンを施し、よりアピール力を強くしました。
もちろん全国どこのエリアでも威力を発揮してくれます。

●スーパーブラッディファイヤー
時間帯、天候関係なく、アピールの強いブラッディレッドとナチュラルなシルバーで魚のバイトを誘発。
明滅効果でリアクションバイトも取れるハイブリッドカラーです。
ヘッド〜ボディ、ベリーにクリアのブラッディレッド、サイドはマグマホロシルバーを施しています。
ゴールド系などとは違ったアピール力を発揮します。

●フラッシュクロームグリーン
特にデイゲームでの使用を意識した日中スペシャルカラー。
澄み潮の日中ピーカン状態では、単色シルバーのメッキカラーや
グリーン系をチョイスするといい結果が得られるのが最近の流れです
が、このカラーはそんな渋い状況の日中を打ち破るべく、その2つの要素を掛け合わせ生まれたクロームグリーンのハイブリットカラーです!
また、オレンジベリーの配色により、やや濁りのエリアも攻略可能。
他にはあまりない、唯一無二のカラーとなっています。
他の別注にはない特性をもったカラーとなりますので、是非ヒラメハント
の一軍に加えて頂けたらと思います。
【ジョインター別注カラー】 ジャンプライズ 飛びキング 105HS 「フラッシュクロームグリーン」
ジョインター別注カラー
販売価格: ¥2,090 (税抜 ¥1,900)
在庫: 残りわずか
ジャンプライズ 飛びキング105HS
ジョインター 別注カラー5色


メタルジグを越えた夢のプラグ。
ハイピッチミノーアクションをしながらも、メタルジグと同じ沈下、同じレンジを引く事が可能な
まさにハイブリッドプラグ。
サーフのフラットフィッシュから、ロックショアまで幅広い汎用性を兼ね備えたルアーです。

●オレオレキャンディー
最近、茨城のサーフヒラメゲームで人気のオレンジカラーにキャンディーパターンを施し、よりアピール力を強くしました。
もちろん全国どこのエリアでも威力を発揮してくれます。

●ラメラメピンキンブラッデイー
ヒラメサーフゲーム定番のメッキピンクゴールドのテールにバイトポイントになるレッドとグローベリーを配色。
よりフッキングが深くきまります。
テールにはグローを使用。

●ワイルドゴールドイワシ
定番ゴールドチャートにイワシドット、オレンジベリーを追加。
濁りが出やすい状況で抜群の実績。
テールにはグローを使用。

●ピンクテール
あらゆるベイトフィッシュになるナチュラル系代表のクロギンにより水中での乱反射が強いレンズホロを採用。
テールのクリアピンクは光を透過させバイトマーカーとしての役割を担ってます。

●フラッシュクロームグリーン
特にデイゲームでの使用を意識した日中スペシャルカラー。
澄み潮の日中ピーカン状態では、単色シルバーのメッキカラーや
グリーン系をチョイスするといい結果が得られるのが最近の流れです
が、このカラーはそんな渋い状況の日中を打ち破るべく、その2つの要素を掛け合わせ生まれたクロームグリーンのハイブリットカラーです!
また、オレンジベリーの配色により、やや濁りのエリアも攻略可能。
他にはあまりない、唯一無二のカラーとなっています。
他の別注にはない特性をもったカラーとなりますので、是非ヒラメハント
の一軍に加えて頂けたらと思います。


 
【ジョインター別注カラー】 ジャンプライズ 飛びキング 105HS 「ラメラメピンキンブラディ」
ジョインター別注カラー
販売価格: ¥2,090 (税抜 ¥1,900)
在庫: 在庫あり
ジャンプライズ 飛びキング105HS
ジョインター 別注カラー5色


メタルジグを越えた夢のプラグ。
ハイピッチミノーアクションをしながらも、メタルジグと同じ沈下、同じレンジを引く事が可能な
まさにハイブリッドプラグ。
サーフのフラットフィッシュから、ロックショアまで幅広い汎用性を兼ね備えたルアーです。

●オレオレキャンディー
最近、茨城のサーフヒラメゲームで人気のオレンジカラーにキャンディーパターンを施し、よりアピール力を強くしました。
もちろん全国どこのエリアでも威力を発揮してくれます。

●ラメラメピンキンブラッデイー
ヒラメサーフゲーム定番のメッキピンクゴールドのテールにバイトポイントになるレッドとグローベリーを配色。
よりフッキングが深くきまります。
テールにはグローを使用。

●ワイルドゴールドイワシ
定番ゴールドチャートにイワシドット、オレンジベリーを追加。
濁りが出やすい状況で抜群の実績。
テールにはグローを使用。

●ピンクテール
あらゆるベイトフィッシュになるナチュラル系代表のクロギンにより水中での乱反射が強いレンズホロを採用。
テールのクリアピンクは光を透過させバイトマーカーとしての役割を担ってます。

●フラッシュクロームグリーン
特にデイゲームでの使用を意識した日中スペシャルカラー。
澄み潮の日中ピーカン状態では、単色シルバーのメッキカラーや
グリーン系をチョイスするといい結果が得られるのが最近の流れです
が、このカラーはそんな渋い状況の日中を打ち破るべく、その2つの要素を掛け合わせ生まれたクロームグリーンのハイブリットカラーです!
また、オレンジベリーの配色により、やや濁りのエリアも攻略可能。
他にはあまりない、唯一無二のカラーとなっています。
他の別注にはない特性をもったカラーとなりますので、是非ヒラメハント
の一軍に加えて頂けたらと思います。


 
【ジョインター別注カラー】 タックルハウス RB77 ローリングベイト77 J-1「ウーンドフローブラックイナ」
ジョインター別注カラー
販売価格: ¥1,485 (税抜 ¥1,350)
在庫: 残りわずか
ローリングベイト77 別注カラー

「涸沼」ではもう定番となっている、ローリングベイト。ミノーと変わりないローリングアクションを手に入れました。
また、バイブレーションプラグに比べても、泳ぎの単調さはなく、アピール力抜群の仕上がりとなっています。

唯一無二のアクションを持ち、どんなフィールドにも対応する万能的プラグです。

【ラウドオレンジ】
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。

【バニシングレモン】
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

【ウーンドフローブラックイナ】
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

【インパクトチャート】
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。

【リアクションボラ】
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

【ダメージベイト】
いわずと知れた涸沼のメインベイト「イナッコ」がシーバスに追われてダメージを負った姿をイメージし、効果的なレンズ加工のホログラムとブラッドレッドのポイントを付けた人気カラーです。

【ライムゴールドパワーイナ】
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

【沼ボラ】
ほっぺたがアルミ貼り仕様でナチュラルながらもアピール力のあるカラー。
ベリー部は、ほどよく薄いオレンジベリーで強すぎず弱すぎない絶妙なカラーとなっております。
更にアイ部分はグローアイを搭載。
【ジョインター別注カラー】 タックルハウス RB77 ローリングベイト77 J-13「ダメージベイト」
ジョインター別注カラー
販売価格: ¥1,485 (税抜 ¥1,350)
在庫: 在庫切れ
ローリングベイト77 別注カラー

「涸沼」ではもう定番となっている、ローリングベイト。ミノーと変わりないローリングアクションを手に入れました。
また、バイブレーションプラグに比べても、泳ぎの単調さはなく、アピール力抜群の仕上がりとなっています。

唯一無二のアクションを持ち、どんなフィールドにも対応する万能的プラグです。

【ラウドオレンジ】
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。

【バニシングレモン】
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

【ウーンドフローブラックイナ】
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

【インパクトチャート】
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。

【リアクションボラ】
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

【ダメージベイト】
いわずと知れた涸沼のメインベイト「イナッコ」がシーバスに追われてダメージを負った姿をイメージし、効果的なレンズ加工のホログラムとブラッドレッドのポイントを付けた人気カラーです。

【ライムゴールドパワーイナ】
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

【沼ボラ】
ほっぺたがアルミ貼り仕様でナチュラルながらもアピール力のあるカラー。
ベリー部は、ほどよく薄いオレンジベリーで強すぎず弱すぎない絶妙なカラーとなっております。
更にアイ部分はグローアイを搭載。
【ジョインター別注カラー】 タックルハウス RB77 ローリングベイト77 J-16「沼ボラ」
ジョインター別注カラー
販売価格: ¥1,485 (税抜 ¥1,350)
在庫: 在庫あり
ローリングベイト77 別注カラー

「涸沼」ではもう定番となっている、ローリングベイト。ミノーと変わりないローリングアクションを手に入れました。
また、バイブレーションプラグに比べても、泳ぎの単調さはなく、アピール力抜群の仕上がりとなっています。

唯一無二のアクションを持ち、どんなフィールドにも対応する万能的プラグです。

【ラウドオレンジ】
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。

【バニシングレモン】
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

【ウーンドフローブラックイナ】
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

【インパクトチャート】
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。

【リアクションボラ】
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

【ダメージベイト】
いわずと知れた涸沼のメインベイト「イナッコ」がシーバスに追われてダメージを負った姿をイメージし、効果的なレンズ加工のホログラムとブラッドレッドのポイントを付けた人気カラーです。

【ライムゴールドパワーイナ】
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

【沼ボラ】
ほっぺたがアルミ貼り仕様でナチュラルながらもアピール力のあるカラー。
ベリー部は、ほどよく薄いオレンジベリーで強すぎず弱すぎない絶妙なカラーとなっております。
更にアイ部分はグローアイを搭載。
【ジョインター別注カラー】 タックルハウス RB77 ローリングベイト77 J-17「インパクトチャート」
ジョインター別注カラー
販売価格: ¥1,485 (税抜 ¥1,350)
在庫: 在庫あり
ローリングベイト77 別注カラー

「涸沼」ではもう定番となっている、ローリングベイト。ミノーと変わりないローリングアクションを手に入れました。
また、バイブレーションプラグに比べても、泳ぎの単調さはなく、アピール力抜群の仕上がりとなっています。

唯一無二のアクションを持ち、どんなフィールドにも対応する万能的プラグです。

【ラウドオレンジ】ジョインター別注カラー
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。

【バニシングレモン】ジョインター別注カラー
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

【ウーンドフローブラックイナ】ジョインター別注カラー
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

【インパクトチャート】ジョインター別注カラー
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。

【リアクションボラ】ジョインター別注カラー
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

【ダメージベイト】ジョインター別注カラー
いわずと知れた涸沼のメインベイト「イナッコ」がシーバスに追われてダメージを負った姿をイメージし、効果的なレンズ加工のホログラムとブラッドレッドのポイントを付けた人気カラーです。

【ライムゴールドパワーイナ】ジョインター別注カラー
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

【沼ボラ】 WILD-1別注カラー
ほっぺたがアルミ貼り仕様でナチュラルながらもアピール力のあるカラー。
ベリー部は、ほどよく薄いオレンジベリーで強すぎず弱すぎない絶妙なカラーとなっております。
更にアイ部分はグローアイを搭載。
【ジョインター別注カラー】 タックルハウス RB77 ローリングベイト77 J-18「ライムゴールドパワーイナ」
ジョインター別注カラー
販売価格: ¥1,485 (税抜 ¥1,350)
在庫: 在庫あり
ローリングベイト77 別注カラー

「涸沼」ではもう定番となっている、ローリングベイト。ミノーと変わりないローリングアクションを手に入れました。
また、バイブレーションプラグに比べても、泳ぎの単調さはなく、アピール力抜群の仕上がりとなっています。

唯一無二のアクションを持ち、どんなフィールドにも対応する万能的プラグです。

【ラウドオレンジ】
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。

【バニシングレモン】
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

【ウーンドフローブラックイナ】
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

【インパクトチャート】
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。

【リアクションボラ】
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

【ダメージベイト】
いわずと知れた涸沼のメインベイト「イナッコ」がシーバスに追われてダメージを負った姿をイメージし、効果的なレンズ加工のホログラムとブラッドレッドのポイントを付けた人気カラーです。

【ライムゴールドパワーイナ】
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

【沼ボラ】
ほっぺたがアルミ貼り仕様でナチュラルながらもアピール力のあるカラー。
ベリー部は、ほどよく薄いオレンジベリーで強すぎず弱すぎない絶妙なカラーとなっております。
更にアイ部分はグローアイを搭載。
【ジョインター別注カラー】 タックルハウス RB77 ローリングベイト77 J-19「ラウドオレンジ」
ジョインター別注カラー
販売価格: ¥1,485 (税抜 ¥1,350)
在庫: 在庫あり
ローリングベイト77 別注カラー

「涸沼」ではもう定番となっている、ローリングベイト。ミノーと変わりないローリングアクションを手に入れました。
また、バイブレーションプラグに比べても、泳ぎの単調さはなく、アピール力抜群の仕上がりとなっています。

唯一無二のアクションを持ち、どんなフィールドにも対応する万能的プラグです。

【ラウドオレンジ】
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。

【バニシングレモン】
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

【ウーンドフローブラックイナ】
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

【インパクトチャート】
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。

【リアクションボラ】
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

【ダメージベイト】
いわずと知れた涸沼のメインベイト「イナッコ」がシーバスに追われてダメージを負った姿をイメージし、効果的なレンズ加工のホログラムとブラッドレッドのポイントを付けた人気カラーです。

【ライムゴールドパワーイナ】
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

【沼ボラ】
ほっぺたがアルミ貼り仕様でナチュラルながらもアピール力のあるカラー。
ベリー部は、ほどよく薄いオレンジベリーで強すぎず弱すぎない絶妙なカラーとなっております。
更にアイ部分はグローアイを搭載。
【ジョインター別注カラー】 タックルハウス RB77 ローリングベイト77 J-20「バニシングレモン」
ジョインター別注カラー
販売価格: ¥1,485 (税抜 ¥1,350)
在庫: 在庫切れ
ローリングベイト77 別注カラー

「涸沼」ではもう定番となっている、ローリングベイト。ミノーと変わりないローリングアクションを手に入れました。
また、バイブレーションプラグに比べても、泳ぎの単調さはなく、アピール力抜群の仕上がりとなっています。

唯一無二のアクションを持ち、どんなフィールドにも対応する万能的プラグです。

【ラウドオレンジ】
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。

【バニシングレモン】
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

【ウーンドフローブラックイナ】
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

【インパクトチャート】
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。

【リアクションボラ】
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

【ダメージベイト】
いわずと知れた涸沼のメインベイト「イナッコ」がシーバスに追われてダメージを負った姿をイメージし、効果的なレンズ加工のホログラムとブラッドレッドのポイントを付けた人気カラーです。

【ライムゴールドパワーイナ】
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

【沼ボラ】
ほっぺたがアルミ貼り仕様でナチュラルながらもアピール力のあるカラー。
ベリー部は、ほどよく薄いオレンジベリーで強すぎず弱すぎない絶妙なカラーとなっております。
更にアイ部分はグローアイを搭載。
【ジョインター別注カラー】 タックルハウス RB77 ローリングベイト77 J-7「リアクションボラ」
ジョインター別注カラー
販売価格: ¥1,485 (税抜 ¥1,350)
在庫: 在庫あり
ローリングベイト77 別注カラー

「涸沼」ではもう定番となっている、ローリングベイト。ミノーと変わりないローリングアクションを手に入れました。
また、バイブレーションプラグに比べても、泳ぎの単調さはなく、アピール力抜群の仕上がりとなっています。

唯一無二のアクションを持ち、どんなフィールドにも対応する万能的プラグです。

【ラウドオレンジ】
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。

【バニシングレモン】
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

【ウーンドフローブラックイナ】
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

【インパクトチャート】
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。

【リアクションボラ】
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

【ダメージベイト】
いわずと知れた涸沼のメインベイト「イナッコ」がシーバスに追われてダメージを負った姿をイメージし、効果的なレンズ加工のホログラムとブラッドレッドのポイントを付けた人気カラーです。

【ライムゴールドパワーイナ】
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

【沼ボラ】
ほっぺたがアルミ貼り仕様でナチュラルながらもアピール力のあるカラー。
ベリー部は、ほどよく薄いオレンジベリーで強すぎず弱すぎない絶妙なカラーとなっております。
更にアイ部分はグローアイを搭載。
【ジョインター別注カラー】 タックルハウス TKLM90 J-1「ウーンドフローブラックイナ」
ジョインター別注カラー
販売価格: ¥1,782 (税抜 ¥1,620)
在庫: 在庫あり
TKLM90 別注カラー

「涸沼」のランカーシーバスを数多く仕留めて歴史に名を刻んできた名品。
タダ巻きでも釣れますが、たまに軽くトゥイッチをいれたり、リトリーブスピードを意図的に変えてあげるのがキモ!のリップレスミノー。

スイムレンジ30〜60mmのサブサーフェイスミノーです。

【沼ボラ】
ほっぺたがアルミ貼り仕様でナチュラルながらもアピール力のあるカラー。
ベリー部は、ほどよく薄いオレンジベリーで強すぎず弱すぎない絶妙なカラーとなっております。
更にアイ部分はグローアイを搭載。

【ウーンドフローブラックイナ】 
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮した、復活のリクエストが多かったカラーでもあります。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

【リアクションボラ】
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

【ダメージベイト】
いわずと知れた涸沼のメインベイト「イナッコ」がシーバスに追われてダメージを負った姿をイメージし、効果的なレンズ加工のホログラムとブラッドレッドのポイントを付けた人気カラーです。

【インパクトチャート】
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。
 
【ライムゴールドパワーイナ】
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

【バニシングレモン】
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

【ラウドオレンジ】
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。
【ジョインター別注カラー】 タックルハウス TKLM90 J-13「ダメージベイト」
ジョインター別注カラー
販売価格: ¥1,881 (税抜 ¥1,710)
在庫: 在庫あり
TKLM90 別注カラー

「涸沼」のランカーシーバスを数多く仕留めて歴史に名を刻んできた名品。
タダ巻きでも釣れますが、たまに軽くトゥイッチをいれたり、リトリーブスピードを意図的に変えてあげるのがキモ!のリップレスミノー。

スイムレンジ30〜60mmのサブサーフェイスミノーです。

【沼ボラ】
ほっぺたがアルミ貼り仕様でナチュラルながらもアピール力のあるカラー。
ベリー部は、ほどよく薄いオレンジベリーで強すぎず弱すぎない絶妙なカラーとなっております。
更にアイ部分はグローアイを搭載。

【ウーンドフローブラックイナ】 
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮した、復活のリクエストが多かったカラーでもあります。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

【リアクションボラ】
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

【ダメージベイト】
いわずと知れた涸沼のメインベイト「イナッコ」がシーバスに追われてダメージを負った姿をイメージし、効果的なレンズ加工のホログラムとブラッドレッドのポイントを付けた人気カラーです。

【インパクトチャート】
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。
 
【ライムゴールドパワーイナ】
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

【バニシングレモン】
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

【ラウドオレンジ】
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。
【ジョインター別注カラー】 タックルハウス TKLM90 J-16「沼ボラ」
ジョインター別注カラー
販売価格: ¥1,881 (税抜 ¥1,710)
在庫: 在庫あり
TKLM90 別注カラー

「涸沼」のランカーシーバスを数多く仕留めて歴史に名を刻んできた名品。
タダ巻きでも釣れますが、たまに軽くトゥイッチをいれたり、リトリーブスピードを意図的に変えてあげるのがキモ!のリップレスミノー。

スイムレンジ30〜60mmのサブサーフェイスミノーです。

【沼ボラ】
ほっぺたがアルミ貼り仕様でナチュラルながらもアピール力のあるカラー。
ベリー部は、ほどよく薄いオレンジベリーで強すぎず弱すぎない絶妙なカラーとなっております。
更にアイ部分はグローアイを搭載。

【ウーンドフローブラックイナ】 
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮した、復活のリクエストが多かったカラーでもあります。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

【リアクションボラ】
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

【ダメージベイト】
いわずと知れた涸沼のメインベイト「イナッコ」がシーバスに追われてダメージを負った姿をイメージし、効果的なレンズ加工のホログラムとブラッドレッドのポイントを付けた人気カラーです。

【インパクトチャート】
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。
 
【ライムゴールドパワーイナ】
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

【バニシングレモン】
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

【ラウドオレンジ】
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。
【ジョインター別注カラー】 タックルハウス TKLM90 J-17「インパクトチャート」
ジョインター別注カラー
販売価格: ¥1,782 (税抜 ¥1,620)
在庫: 残りわずか
TKLM90 別注カラー

「涸沼」のランカーシーバスを数多く仕留めて歴史に名を刻んできた名品。
タダ巻きでも釣れますが、たまに軽くトゥイッチをいれたり、リトリーブスピードを意図的に変えてあげるのがキモ!のリップレスミノー。

スイムレンジ30〜60mmのサブサーフェイスミノーです。

【沼ボラ】
ほっぺたがアルミ貼り仕様でナチュラルながらもアピール力のあるカラー。
ベリー部は、ほどよく薄いオレンジベリーで強すぎず弱すぎない絶妙なカラーとなっております。
更にアイ部分はグローアイを搭載。

【ウーンドフローブラックイナ】 
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮した、復活のリクエストが多かったカラーでもあります。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

【リアクションボラ】
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

【ダメージベイト】
いわずと知れた涸沼のメインベイト「イナッコ」がシーバスに追われてダメージを負った姿をイメージし、効果的なレンズ加工のホログラムとブラッドレッドのポイントを付けた人気カラーです。

【インパクトチャート】
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。
 
【ライムゴールドパワーイナ】
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

【バニシングレモン】
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

【ラウドオレンジ】
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。
【ジョインター別注カラー】 タックルハウス TKLM90 J-18「ライムゴールドパワーイナ」
ジョインター別注カラー
販売価格: ¥1,881 (税抜 ¥1,710)
在庫: 在庫あり
TKLM90 別注カラー

「涸沼」のランカーシーバスを数多く仕留めて歴史に名を刻んできた名品。
タダ巻きでも釣れますが、たまに軽くトゥイッチをいれたり、リトリーブスピードを意図的に変えてあげるのがキモ!のリップレスミノー。

スイムレンジ30〜60mmのサブサーフェイスミノーです。

【沼ボラ】
ほっぺたがアルミ貼り仕様でナチュラルながらもアピール力のあるカラー。
ベリー部は、ほどよく薄いオレンジベリーで強すぎず弱すぎない絶妙なカラーとなっております。
更にアイ部分はグローアイを搭載。

【ウーンドフローブラックイナ】 
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮した、復活のリクエストが多かったカラーでもあります。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

【リアクションボラ】
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

【ダメージベイト】
いわずと知れた涸沼のメインベイト「イナッコ」がシーバスに追われてダメージを負った姿をイメージし、効果的なレンズ加工のホログラムとブラッドレッドのポイントを付けた人気カラーです。

【インパクトチャート】
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。
 
【ライムゴールドパワーイナ】
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

【バニシングレモン】
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

【ラウドオレンジ】
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。
【ジョインター別注カラー】 タックルハウス TKLM90 J-19「ラウドオレンジ」
ジョインター別注カラー
販売価格: ¥1,782 (税抜 ¥1,620)
在庫: 残りわずか
TKLM90 別注カラー

「涸沼」のランカーシーバスを数多く仕留めて歴史に名を刻んできた名品。
タダ巻きでも釣れますが、たまに軽くトゥイッチをいれたり、リトリーブスピードを意図的に変えてあげるのがキモ!のリップレスミノー。

スイムレンジ30〜60mmのサブサーフェイスミノーです。

【沼ボラ】
ほっぺたがアルミ貼り仕様でナチュラルながらもアピール力のあるカラー。
ベリー部は、ほどよく薄いオレンジベリーで強すぎず弱すぎない絶妙なカラーとなっております。
更にアイ部分はグローアイを搭載。

【ウーンドフローブラックイナ】 
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮した、復活のリクエストが多かったカラーでもあります。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

【リアクションボラ】
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

【ダメージベイト】
いわずと知れた涸沼のメインベイト「イナッコ」がシーバスに追われてダメージを負った姿をイメージし、効果的なレンズ加工のホログラムとブラッドレッドのポイントを付けた人気カラーです。

【インパクトチャート】
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。
 
【ライムゴールドパワーイナ】
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

【バニシングレモン】
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

【ラウドオレンジ】
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。
【ジョインター別注カラー】 タックルハウス TKLM90 J-20「バニシングレモン」
ジョインター別注カラー
販売価格: ¥1,782 (税抜 ¥1,620)
在庫: 在庫あり
TKLM90 別注カラー

「涸沼」のランカーシーバスを数多く仕留めて歴史に名を刻んできた名品。
タダ巻きでも釣れますが、たまに軽くトゥイッチをいれたり、リトリーブスピードを意図的に変えてあげるのがキモ!のリップレスミノー。

スイムレンジ30〜60mmのサブサーフェイスミノーです。

【沼ボラ】
ほっぺたがアルミ貼り仕様でナチュラルながらもアピール力のあるカラー。
ベリー部は、ほどよく薄いオレンジベリーで強すぎず弱すぎない絶妙なカラーとなっております。
更にアイ部分はグローアイを搭載。

【ウーンドフローブラックイナ】 
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮した、復活のリクエストが多かったカラーでもあります。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

【リアクションボラ】
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

【ダメージベイト】
いわずと知れた涸沼のメインベイト「イナッコ」がシーバスに追われてダメージを負った姿をイメージし、効果的なレンズ加工のホログラムとブラッドレッドのポイントを付けた人気カラーです。

【インパクトチャート】
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。
 
【ライムゴールドパワーイナ】
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

【バニシングレモン】
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

【ラウドオレンジ】
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。
【ジョインター別注カラー】 タックルハウス TKLM90 J-7「リアクションボラ」
ジョインター別注カラー
販売価格: ¥1,881 (税抜 ¥1,710)
在庫: 在庫あり
TKLM90 別注カラー

「涸沼」のランカーシーバスを数多く仕留めて歴史に名を刻んできた名品。
タダ巻きでも釣れますが、たまに軽くトゥイッチをいれたり、リトリーブスピードを意図的に変えてあげるのがキモ!のリップレスミノー。

スイムレンジ30〜60mmのサブサーフェイスミノーです。

【沼ボラ】
ほっぺたがアルミ貼り仕様でナチュラルながらもアピール力のあるカラー。
ベリー部は、ほどよく薄いオレンジベリーで強すぎず弱すぎない絶妙なカラーとなっております。
更にアイ部分はグローアイを搭載。

【ウーンドフローブラックイナ】 
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮した、復活のリクエストが多かったカラーでもあります。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

【リアクションボラ】
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

【ダメージベイト】
いわずと知れた涸沼のメインベイト「イナッコ」がシーバスに追われてダメージを負った姿をイメージし、効果的なレンズ加工のホログラムとブラッドレッドのポイントを付けた人気カラーです。

【インパクトチャート】
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。
 
【ライムゴールドパワーイナ】
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

【バニシングレモン】
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

【ラウドオレンジ】
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。
【ジョインター別注カラー】ima ハニートラップ95Sカルトラ カラー:インパクトチャート
リバーシーバス最強ルアーで作りました。
販売価格: ¥2,145 (税抜 ¥1,950)
在庫: 残りわずか
スタッフが特に千葉の利根川や外房内房の各流入河川、茨城の那珂川・涸沼川などでランカーシーバスを数多く仕留めてきた実績大のシンキングペンシル。

●ふり幅が大きめのスラロームアクション。
アピール力はシンペンの中でも結構高い方なので流れが強い時や濁り、荒れた天候でも使いやすいシンペンです。
●シンペンと言えば、基本スリムなルアーが多い中、サッパやコノシロ・・・大きめのボラなどがベイトの時は体高があるカルトラが効果を発揮いたします。


【別注カラー解説】

●リアクションボラ
マディウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

●インパクトチャート
基本マディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化で、はっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。

●ワイルドクリア
近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。

●ライムゴールドパワーイナ
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)
を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを
吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、
アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。
【ジョインター別注カラー】ima ハニートラップ95Sカルトラ カラー:リアクションボラ
リバーシーバス最強ルアーで作りました。
販売価格: ¥2,145 (税抜 ¥1,950)
在庫: 在庫あり
スタッフが特に千葉の利根川や外房内房の各流入河川、茨城の那珂川・涸沼川などでランカーシーバスを数多く仕留めてきた実績大のシンキングペンシル。

●ふり幅が大きめのスラロームアクション。
アピール力はシンペンの中でも結構高い方なので流れが強い時や濁り、荒れた天候でも使いやすいシンペンです。
●シンペンと言えば、基本スリムなルアーが多い中、サッパやコノシロ・・・大きめのボラなどがベイトの時は体高があるカルトラが効果を発揮いたします。


【別注カラー解説】

●リアクションボラ
マディウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

●インパクトチャート
基本マディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化で、はっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。

●ワイルドクリア
近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。

●ライムゴールドパワーイナ
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)
を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを
吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、
アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。
【ジョインター別注カラー】ima ハニートラップ95Sカルトラ カラー:ワイルドクリア
リバーシーバス最強ルアーで作りました。
販売価格: ¥2,090 (税抜 ¥1,900)
在庫: 在庫あり
スタッフが特に千葉の利根川や外房内房の各流入河川、茨城の那珂川・涸沼川などでランカーシーバスを数多く仕留めてきた実績大のシンキングペンシル。

●ふり幅が大きめのスラロームアクション。
アピール力はシンペンの中でも結構高い方なので流れが強い時や濁り、荒れた天候でも使いやすいシンペンです。
●シンペンと言えば、基本スリムなルアーが多い中、サッパやコノシロ・・・大きめのボラなどがベイトの時は体高があるカルトラが効果を発揮いたします。


【別注カラー解説】

●リアクションボラ
マディウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

●インパクトチャート
基本マディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化で、はっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。

●ワイルドクリア
近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。

●ライムゴールドパワーイナ
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)
を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを
吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、
アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。
【ジョインター別注カラー】Megabass メガバス カゲロウ100F 【インパクトチャート】
限定!ジョインター別注カラー
販売価格: ¥2,200 (税抜 ¥2,000)
在庫: 完売
  お一人様1カラー2点までの販売とさせていただきます。
Jointerスタッフ考案 「カゲロウ100F」 Jointer別注カラー

日本中の海や湖沼を経験してきたJOINTERスタッフの実績に基づいて考案された別注スペシャルカラー。
今回は人気のメガバス社「カゲロウ100F」で制作。
是非お気に入りのシーバスフィールドでお使いください。

【カゴロウ100F】
シーバスが表層を意識し、イナッコ、カタクチなどの小型ベイトを捕食しているシチュエーションにアジャスト。
カゲロウ124Fと同様、大きく切られたダーターカップで水を強く押し動かし、リトリーブスピード低〜中速域では微細なナチュラルロールアクションでバイトを誘発します。
潜行深度は20〜60cmに設定。


【JOINTER別注カラー解説】
@ライムゴールドパワーイナ
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

Aリアクションボラ
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

Bウーンドフローブラックイナ
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

Cワイルドクリア
近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。

Dラウドオレンジ
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。

Eタフコンブルー
 アメリカのブラックバスシーンで人気のカラーをリスペクトしつつ、日本のシーバスにマッチするかラーリング。
マットクリアのボディにチャートやオレンジのアピールカラーをのせました。
ベイトが多く、手詰まり感のあるタイミングに効果を発揮します。テールにはグローポイント付き。

Fバニシングレモン
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

Gインパクトチャート
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。
 
【ジョインター別注カラー】Megabass メガバス カゲロウ100F 【ウーンドフローブラックイナ】
限定!ジョインター別注カラー
販売価格: ¥2,200 (税抜 ¥2,000)
在庫: 在庫切れ
  お一人様1カラー2点までの販売とさせていただきます。
Jointerスタッフ考案 「カゲロウ100F」 Jointer別注カラー

日本中の海や湖沼を経験してきたJOINTERスタッフの実績に基づいて考案された別注スペシャルカラー。
今回は人気のメガバス社「カゲロウ100F」で制作。
是非お気に入りのシーバスフィールドでお使いください。

【カゴロウ100F】
シーバスが表層を意識し、イナッコ、カタクチなどの小型ベイトを捕食しているシチュエーションにアジャスト。
カゲロウ124Fと同様、大きく切られたダーターカップで水を強く押し動かし、リトリーブスピード低〜中速域では微細なナチュラルロールアクションでバイトを誘発します。
潜行深度は20〜60cmに設定。


【JOINTER別注カラー解説】
@ライムゴールドパワーイナ
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

Aリアクションボラ
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

Bウーンドフローブラックイナ
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

Cワイルドクリア
近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。

Dラウドオレンジ
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。

Eタフコンブルー
 アメリカのブラックバスシーンで人気のカラーをリスペクトしつつ、日本のシーバスにマッチするかラーリング。
マットクリアのボディにチャートやオレンジのアピールカラーをのせました。
ベイトが多く、手詰まり感のあるタイミングに効果を発揮します。テールにはグローポイント付き。

Fバニシングレモン
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

Gインパクトチャート
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。
 
【ジョインター別注カラー】Megabass メガバス カゲロウ100F 【タフコンブルー】
限定!ジョインター別注カラー
販売価格: ¥2,200 (税抜 ¥2,000)
在庫: 在庫切れ
  お一人様1カラー2点までの販売とさせていただきます。
Jointerスタッフ考案 「カゲロウ100F」 Jointer別注カラー

日本中の海や湖沼を経験してきたJOINTERスタッフの実績に基づいて考案された別注スペシャルカラー。
今回は人気のメガバス社「カゲロウ100F」で制作。
是非お気に入りのシーバスフィールドでお使いください。

【カゴロウ100F】
シーバスが表層を意識し、イナッコ、カタクチなどの小型ベイトを捕食しているシチュエーションにアジャスト。
カゲロウ124Fと同様、大きく切られたダーターカップで水を強く押し動かし、リトリーブスピード低〜中速域では微細なナチュラルロールアクションでバイトを誘発します。
潜行深度は20〜60cmに設定。


【JOINTER別注カラー解説】
@ライムゴールドパワーイナ
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

Aリアクションボラ
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

Bウーンドフローブラックイナ
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

Cワイルドクリア
近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。

Dラウドオレンジ
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。

Eタフコンブルー
 アメリカのブラックバスシーンで人気のカラーをリスペクトしつつ、日本のシーバスにマッチするかラーリング。
マットクリアのボディにチャートやオレンジのアピールカラーをのせました。
ベイトが多く、手詰まり感のあるタイミングに効果を発揮します。テールにはグローポイント付き。

Fバニシングレモン
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

Gインパクトチャート
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。
 
【ジョインター別注カラー】Megabass メガバス カゲロウ100F 【バニシングレモン】
限定!ジョインター別注カラー
販売価格: ¥2,200 (税抜 ¥2,000)
在庫: 在庫切れ
  お一人様1カラー2点までの販売とさせていただきます。
Jointerスタッフ考案 「カゲロウ100F」 Jointer別注カラー

日本中の海や湖沼を経験してきたJOINTERスタッフの実績に基づいて考案された別注スペシャルカラー。
今回は人気のメガバス社「カゲロウ100F」で制作。
是非お気に入りのシーバスフィールドでお使いください。

【カゴロウ100F】
シーバスが表層を意識し、イナッコ、カタクチなどの小型ベイトを捕食しているシチュエーションにアジャスト。
カゲロウ124Fと同様、大きく切られたダーターカップで水を強く押し動かし、リトリーブスピード低〜中速域では微細なナチュラルロールアクションでバイトを誘発します。
潜行深度は20〜60cmに設定。


【JOINTER別注カラー解説】
@ライムゴールドパワーイナ
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

Aリアクションボラ
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

Bウーンドフローブラックイナ
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

Cワイルドクリア
近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。

Dラウドオレンジ
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。

Eタフコンブルー
 アメリカのブラックバスシーンで人気のカラーをリスペクトしつつ、日本のシーバスにマッチするかラーリング。
マットクリアのボディにチャートやオレンジのアピールカラーをのせました。
ベイトが多く、手詰まり感のあるタイミングに効果を発揮します。テールにはグローポイント付き。

Fバニシングレモン
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

Gインパクトチャート
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。
 
【ジョインター別注カラー】Megabass メガバス カゲロウ100F 【ライムゴールドパワーイナ】
限定!ジョインター別注カラー
販売価格: ¥2,200 (税抜 ¥2,000)
在庫: 在庫切れ
  お一人様1カラー2点までの販売とさせていただきます。
Jointerスタッフ考案 「カゲロウ100F」 Jointer別注カラー

日本中の海や湖沼を経験してきたJOINTERスタッフの実績に基づいて考案された別注スペシャルカラー。
今回は人気のメガバス社「カゲロウ100F」で制作。
是非お気に入りのシーバスフィールドでお使いください。

【カゴロウ100F】
シーバスが表層を意識し、イナッコ、カタクチなどの小型ベイトを捕食しているシチュエーションにアジャスト。
カゲロウ124Fと同様、大きく切られたダーターカップで水を強く押し動かし、リトリーブスピード低〜中速域では微細なナチュラルロールアクションでバイトを誘発します。
潜行深度は20〜60cmに設定。


【JOINTER別注カラー解説】
@ライムゴールドパワーイナ
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

Aリアクションボラ
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

Bウーンドフローブラックイナ
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

Cワイルドクリア
近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。

Dラウドオレンジ
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。

Eタフコンブルー
 アメリカのブラックバスシーンで人気のカラーをリスペクトしつつ、日本のシーバスにマッチするかラーリング。
マットクリアのボディにチャートやオレンジのアピールカラーをのせました。
ベイトが多く、手詰まり感のあるタイミングに効果を発揮します。テールにはグローポイント付き。

Fバニシングレモン
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

Gインパクトチャート
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。
 
【ジョインター別注カラー】Megabass メガバス カゲロウ100F 【ラウドオレンジ】
限定!ジョインター別注カラー
販売価格: ¥2,200 (税抜 ¥2,000)
在庫: 在庫切れ
  お一人様1カラー2点までの販売とさせていただきます。
Jointerスタッフ考案 「カゲロウ100F」 Jointer別注カラー

日本中の海や湖沼を経験してきたJOINTERスタッフの実績に基づいて考案された別注スペシャルカラー。
今回は人気のメガバス社「カゲロウ100F」で制作。
是非お気に入りのシーバスフィールドでお使いください。

【カゴロウ100F】
シーバスが表層を意識し、イナッコ、カタクチなどの小型ベイトを捕食しているシチュエーションにアジャスト。
カゲロウ124Fと同様、大きく切られたダーターカップで水を強く押し動かし、リトリーブスピード低〜中速域では微細なナチュラルロールアクションでバイトを誘発します。
潜行深度は20〜60cmに設定。


【JOINTER別注カラー解説】
@ライムゴールドパワーイナ
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

Aリアクションボラ
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

Bウーンドフローブラックイナ
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

Cワイルドクリア
近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。

Dラウドオレンジ
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。

Eタフコンブルー
 アメリカのブラックバスシーンで人気のカラーをリスペクトしつつ、日本のシーバスにマッチするかラーリング。
マットクリアのボディにチャートやオレンジのアピールカラーをのせました。
ベイトが多く、手詰まり感のあるタイミングに効果を発揮します。テールにはグローポイント付き。

Fバニシングレモン
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

Gインパクトチャート
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。
 
【ジョインター別注カラー】Megabass メガバス カゲロウ100F 【リアクションボラ】
限定!ジョインター別注カラー
販売価格: ¥2,200 (税抜 ¥2,000)
在庫: 在庫切れ
  お一人様1カラー2点までの販売とさせていただきます。
Jointerスタッフ考案 「カゲロウ100F」 Jointer別注カラー

日本中の海や湖沼を経験してきたJOINTERスタッフの実績に基づいて考案された別注スペシャルカラー。
今回は人気のメガバス社「カゲロウ100F」で制作。
是非お気に入りのシーバスフィールドでお使いください。

【カゴロウ100F】
シーバスが表層を意識し、イナッコ、カタクチなどの小型ベイトを捕食しているシチュエーションにアジャスト。
カゲロウ124Fと同様、大きく切られたダーターカップで水を強く押し動かし、リトリーブスピード低〜中速域では微細なナチュラルロールアクションでバイトを誘発します。
潜行深度は20〜60cmに設定。


【JOINTER別注カラー解説】
@ライムゴールドパワーイナ
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

Aリアクションボラ
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

Bウーンドフローブラックイナ
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

Cワイルドクリア
近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。

Dラウドオレンジ
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。

Eタフコンブルー
 アメリカのブラックバスシーンで人気のカラーをリスペクトしつつ、日本のシーバスにマッチするかラーリング。
マットクリアのボディにチャートやオレンジのアピールカラーをのせました。
ベイトが多く、手詰まり感のあるタイミングに効果を発揮します。テールにはグローポイント付き。

Fバニシングレモン
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

Gインパクトチャート
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。
 
【ジョインター別注カラー】Megabass メガバス カゲロウ100F 【ワイルドクリア】
限定!ジョインター別注カラー
販売価格: ¥2,200 (税抜 ¥2,000)
在庫: 在庫切れ
  お一人様1カラー2点までの販売とさせていただきます。
Jointerスタッフ考案 「カゲロウ100F」 Jointer別注カラー

日本中の海や湖沼を経験してきたJOINTERスタッフの実績に基づいて考案された別注スペシャルカラー。
今回は人気のメガバス社「カゲロウ100F」で制作。
是非お気に入りのシーバスフィールドでお使いください。

【カゴロウ100F】
シーバスが表層を意識し、イナッコ、カタクチなどの小型ベイトを捕食しているシチュエーションにアジャスト。
カゲロウ124Fと同様、大きく切られたダーターカップで水を強く押し動かし、リトリーブスピード低〜中速域では微細なナチュラルロールアクションでバイトを誘発します。
潜行深度は20〜60cmに設定。


【JOINTER別注カラー解説】
@ライムゴールドパワーイナ
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

Aリアクションボラ
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

Bウーンドフローブラックイナ
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

Cワイルドクリア
近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。

Dラウドオレンジ
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。

Eタフコンブルー
 アメリカのブラックバスシーンで人気のカラーをリスペクトしつつ、日本のシーバスにマッチするかラーリング。
マットクリアのボディにチャートやオレンジのアピールカラーをのせました。
ベイトが多く、手詰まり感のあるタイミングに効果を発揮します。テールにはグローポイント付き。

Fバニシングレモン
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

Gインパクトチャート
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。
 
【ジョインター別注カラー】Megabass メガバス カゲロウ124F 【インパクトチャート】
限定!ジョインター別注カラー
販売価格: ¥2,310 (税抜 ¥2,100)
在庫: 在庫切れ
  お一人様1カラー2点までの販売とさせていただきます。
Jointerスタッフ考案 「カゲロウ124F」 Jointer別注カラー

日本中の海や湖沼を経験してきたJOINTERスタッフの実績に基づいて考案された別注スペシャルカラー。
今回は人気のメガバス社「カゲロウ124F」で制作。
是非お気に入りのシーバスフィールドでお使いください。

【カゴロウ124F】
大きく切られたダーターカップで水を強く押し動かすのが最大の特徴。
リトリーブスピード低〜中速域では微細なナチュラルロールアクションが、警戒心の高まったシーバスをバイトへと誘います。
中〜高速にスピードアップさせると、アピール力のあるスライドを伴ったロールアクションへと移行する可変アクション。
シャローエリアに差す大型シーバスを狙い撃つために、潜行深度は0〜20cmに設定。


【JOINTER別注カラー解説】
@ライムゴールドパワーイナ
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

Aリアクションボラ
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

Bウーンドフローブラックイナ
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

Cワイルドクリア
近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。

Dラウドオレンジ
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。

Eタフコンブルー
 アメリカのブラックバスシーンで人気のカラーをリスペクトしつつ、日本のシーバスにマッチするかラーリング。
マットクリアのボディにチャートやオレンジのアピールカラーをのせました。
ベイトが多く、手詰まり感のあるタイミングに効果を発揮します。テールにはグローポイント付き。

Fバニシングレモン
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

Gインパクトチャート
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。
 
【ジョインター別注カラー】Megabass メガバス カゲロウ124F 【ウーンドフローブラックイナ】
限定!ジョインター別注カラー
販売価格: ¥2,310 (税抜 ¥2,100)
在庫: 在庫切れ
  お一人様1カラー2点までの販売とさせていただきます。
Jointerスタッフ考案 「カゲロウ124F」 Jointer別注カラー

日本中の海や湖沼を経験してきたJOINTERスタッフの実績に基づいて考案された別注スペシャルカラー。
今回は人気のメガバス社「カゲロウ124F」で制作。
是非お気に入りのシーバスフィールドでお使いください。

【カゴロウ124F】
大きく切られたダーターカップで水を強く押し動かすのが最大の特徴。
リトリーブスピード低〜中速域では微細なナチュラルロールアクションが、警戒心の高まったシーバスをバイトへと誘います。
中〜高速にスピードアップさせると、アピール力のあるスライドを伴ったロールアクションへと移行する可変アクション。
シャローエリアに差す大型シーバスを狙い撃つために、潜行深度は0〜20cmに設定。


【JOINTER別注カラー解説】
@ライムゴールドパワーイナ
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

Aリアクションボラ
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

Bウーンドフローブラックイナ
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

Cワイルドクリア
近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。

Dラウドオレンジ
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。

Eタフコンブルー
 アメリカのブラックバスシーンで人気のカラーをリスペクトしつつ、日本のシーバスにマッチするかラーリング。
マットクリアのボディにチャートやオレンジのアピールカラーをのせました。
ベイトが多く、手詰まり感のあるタイミングに効果を発揮します。テールにはグローポイント付き。

Fバニシングレモン
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

Gインパクトチャート
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。
 
【ジョインター別注カラー】Megabass メガバス カゲロウ124F 【タフコンブルー】
限定!ジョインター別注カラー
販売価格: ¥2,310 (税抜 ¥2,100)
在庫: 完売
  お一人様1カラー2点までの販売とさせていただきます。
Jointerスタッフ考案 「カゲロウ124F」 Jointer別注カラー

日本中の海や湖沼を経験してきたJOINTERスタッフの実績に基づいて考案された別注スペシャルカラー。
今回は人気のメガバス社「カゲロウ124F」で制作。
是非お気に入りのシーバスフィールドでお使いください。

【カゴロウ124F】
大きく切られたダーターカップで水を強く押し動かすのが最大の特徴。
リトリーブスピード低〜中速域では微細なナチュラルロールアクションが、警戒心の高まったシーバスをバイトへと誘います。
中〜高速にスピードアップさせると、アピール力のあるスライドを伴ったロールアクションへと移行する可変アクション。
シャローエリアに差す大型シーバスを狙い撃つために、潜行深度は0〜20cmに設定。


【JOINTER別注カラー解説】
@ライムゴールドパワーイナ
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

Aリアクションボラ
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

Bウーンドフローブラックイナ
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

Cワイルドクリア
近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。

Dラウドオレンジ
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。

Eタフコンブルー
 アメリカのブラックバスシーンで人気のカラーをリスペクトしつつ、日本のシーバスにマッチするかラーリング。
マットクリアのボディにチャートやオレンジのアピールカラーをのせました。
ベイトが多く、手詰まり感のあるタイミングに効果を発揮します。テールにはグローポイント付き。

Fバニシングレモン
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

Gインパクトチャート
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。
 
【ジョインター別注カラー】Megabass メガバス カゲロウ124F 【バニシングレモン】
限定!ジョインター別注カラー
販売価格: ¥2,310 (税抜 ¥2,100)
在庫: 完売
  お一人様1カラー2点までの販売とさせていただきます。
Jointerスタッフ考案 「カゲロウ124F」 Jointer別注カラー

日本中の海や湖沼を経験してきたJOINTERスタッフの実績に基づいて考案された別注スペシャルカラー。
今回は人気のメガバス社「カゲロウ124F」で制作。
是非お気に入りのシーバスフィールドでお使いください。

【カゴロウ124F】
大きく切られたダーターカップで水を強く押し動かすのが最大の特徴。
リトリーブスピード低〜中速域では微細なナチュラルロールアクションが、警戒心の高まったシーバスをバイトへと誘います。
中〜高速にスピードアップさせると、アピール力のあるスライドを伴ったロールアクションへと移行する可変アクション。
シャローエリアに差す大型シーバスを狙い撃つために、潜行深度は0〜20cmに設定。


【JOINTER別注カラー解説】
@ライムゴールドパワーイナ
フィールドからの要望の多い、アピール力が全開のカラー。
ボディ側面はシルバーよりも濁り水の中でアピールしやすいゴールド(レンズゴールド)を両面に配置し、バック&ベリーは最近釣れると評判のライムグリーンを配置しました。
重要なポイントとして、エラ部にマッディに強いカラーリングとしてオレンジのドットを吹きつけをし、側面からのバイトマーカーの役目も果たしています。
WILD-1スタッフが釣行する涸沼や利根川・・干潟等のマッディなフィールドでは、アピールカラーが必然的に出番となります。しかし、時によってはチャートやライムのローテションが効果的です。(同じアピールでもトーンを変えると反応が変わる)
インパクトチャートなどの弱アピールカラーのローテーションに加えるとより一層効率的なゲームが展開可能になりました。

Aリアクションボラ
マッディーウォーターの涸沼では、ただのボラーカラーではリアクションしにくい・・・・と感じる時があります。
そんな時はこちらのオレンジベリーのルアーが効果的です。
ほどよいナチュラル感とチラッと見せるオレンジベリーが、かなり効果的なカラー。

Bウーンドフローブラックイナ
ブラックのホログラムをベースにベリー前部分とボディ数箇所にカビを模したホワイトドットを施した伝説のカラー。
涸沼のボラがカビを纏って瀕死の状態になっている状況で抜群の威力を発揮。ベースがブラックという事もありランカーシーバスの実績も高い。

Cワイルドクリア
近年各地のハイプレッシャー状況ではルアーのアピールを抑える為にルアーのクリア仕様が非常に有効になってきております。
既存のカラーでもクリアはありますが、ただクリア一辺倒なものが多く、おもしろくありません。
今回作成の「ワイルドクリア」はフィッシュスケールバック/ブルーアイシャドー/首元からお腹までのパールベリーで、より透明感のある小魚ライクなクリアカラーに仕上げました。
ハイプレッシャーなマディシャローエリアや干潟などのクリアウォーターエリアでは必須のカラーとなっておりますので、是非お試しください。

Dラウドオレンジ
「オレンジ」は、トラウトでは鉄板カラーですが、シーバスのフィールドでも良い実績が出ています。
ボディーの上からベリーにかけてオレンジを配色。更にサイドにはホログラム。
テールにはグローを使用。
オレンジカラーとホログラムの煌めきのダブルパンチは攻撃力最大。強く魚を引き寄せるそれが「ラウドオレンジ」です。

Eタフコンブルー
 アメリカのブラックバスシーンで人気のカラーをリスペクトしつつ、日本のシーバスにマッチするかラーリング。
マットクリアのボディにチャートやオレンジのアピールカラーをのせました。
ベイトが多く、手詰まり感のあるタイミングに効果を発揮します。テールにはグローポイント付き。

Fバニシングレモン
「澄潮の中でも、ナチュラルに見せつつアピールもさせたい!」そんな真逆な希望を形にしたカラーです。
ほんのり透けるマットクリアーボディにチャートよりも少し明るいレモン色を配色。
レモンカラーとマットクリアなボディの組み合わせは、泳がせるとまるで明滅しているように見えます。アピールは強すぎないけど、思わず口を使わせてしまうカラー。それが「バニシングレモン」です。
湾奥など、常夜灯のあるフィールドでは視認性も高く操作しやすいのもポイント。
テールにはグローを使用。使い道を選びません。

Gインパクトチャート
基本マーディウォーターの涸沼でははっきりシルエットを見せる「チャート」カラーが昔から定番でした。
しかし近年のハイプレッシャー化ではっきりしすぎるのもあまり釣果が伸びません・・・
そこで半分をチャート、半分をクリアにして、なおかつ高速で引いてもシーバスが発見しやすいようお腹からお尻にかけてグローを施しました。
まずは一番最初に投げて欲しいカラーです。
 

Recommend Itemオススメ商品

Checked最近チェックした商品