tent-Mark DESIGNS ムササビウイング 13ft. "トラベリング ライト " を買うならWILD-1

tent-Mark DESIGNS テンマクデザイン

tent-Mark DESIGNS ムササビウイング 13ft. "トラベリング ライト "

¥17,280
(税抜 ¥16,000)

ポイント:160pt

商品コード:4988325110573


お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

※当オンラインストアの在庫はWILD-1印西ビッグホップ店と共有のため在庫が表示されていてもタイミングにより欠品している場合がございます。また店頭展示品の場合がございます。あらかじめご了承ください。

※弊社に在庫がある商品につきましてはご注文確認後2〜3営業日で発送をいたします。

特徴

大好評ウイングタープ「ムササビウイング」に、タープサイズはそのままで
より軽量・コンパクトになった旅仕様の「トラベリングライト」


名前の通り、背面から見るとまるで滑空するムササビのようなタープ形状と
美しいカーブを描く人気のウイングタープ「ムササビウイング」の最軽量モデル。

旅へ出るのは、軽くなりたいからなんだ。
「男は、自殺するかわりに旅へ出る」といったのは、ハーマン・メルヴィルの言葉をもじった開高健だった。
放浪への思いやまない男たち(女たちも)のタープ、ムササビウイング。
ますます人生を素敵に踏みはずために、ウルトラライト・バージョン“Traveling light”の登場です。
バックパックの片隅にこれを押しこんで、気軽に出かけてください。
なんたって、「いい人間は天国へ逝く。軽い男はどこへでも行く」てな言葉もあるんだから(これはぼくが作った言葉だから、あんまり有名じゃないけど。堀田貴之 )



【プロフィール】
堀田貴之(ほったたかゆき)
1956年大阪生まれ。
日本国内をはじめ、世界各地で、さまざまな人のお世話になりながら旅を続ける近年まれにみる遊行人。
文筆を生業としているが、本人はブルースマンになりたがっている。
著書は、「バックパッキングのすすめ」(地球丸)、北海道一周シーカヤック旅後悔日誌「海を歩く」(山と溪谷社)、旅のエッセイ集「タルサタイムで歩きたい」(東京書籍)、テレマークスキー旅紀行「テレマークスキー漫遊奇譚〜転がる石のように」(スキージャーナル社)などなど。

仕様

■素材:ポリエステルリップストップ20D(両面シリコン加工 耐水圧2000mm)
■サイズ(約):390×380/240(幅)cm
■収納サイズ(約):Φ9×23cm
■本体重量:約430g、総重量:約530g
■付属品:収納袋、張綱(φ2.5mm)/4.5m×1、3.5m×3、1.5m×2
■Made in Vietnam
※ポール、ペグは別売りになります。

スタッフレビュー

【ムササビウイング“Travelin' light”Q&A】

Q1:他のムササビウイングと何が違うの?
A1:超軽量20Dポリエステルを使用した軽量・コンパクトなモデルです。


他のムササビウイングとタープサイズは同じでも、焚き火バージョンより[収納:-22cm、重量:-1,420g]、
山旅バージョンより[収納:-12cm、重量:-200g]と軽量・コンパクトになっています。

Q2:防水性はあるの?
A2:雨天使用にも十分耐る防水仕様です。

生地両面にシリコン加工を施し、軽量で防水力の低下やコーティングの劣化が起きにくくなっています。

Q3:焚き火と山旅、トラベリングライト、どれを選べば良いの?
A3:オートキャンパーなら熱に強い焚き火バージョン、装備を軽くしたいキャンパーには山旅バージョン、
ザックやバッグの中にタープを入れておいて、いつでも持ち運びたい人にはトラベリングライトがお勧めです!


収納サイズが少し大きくても耐久性を選ぶなら山旅バージョン、軽量・コンパクトさで選ぶならトラベリングライトになります。

Q4:ペグやポールは付属しないの?
A4:様々な用途に対応できるようペグ・ポールは別売りになります。

元々が自然の中で快適に過ごせるよう生まれた「ムササビウイング」はポールは木の幹やカヌーの
パドル等、ペグは木の枝や岩、砂を詰めた袋等、場所に合せた道具や物を使って設営されていました。
このコンセプトを受け継ぐ現代の「ムササビウイング」も最初からポールやペグは付属せず、
ユーザーのキャンプスタイルに合わせて市販のポール・ペグをお選び頂くようお勧めしています。

Q5:設営の仕方が分からないのですが…
A5:テンマク公式HPにムササビウイング設営ガイド がありますので是非参考にして下さい。

Recommend Itemオススメ商品

Checked最近チェックした商品